弁護士による不倫問題の解決事例と口コミ

不貞慰謝料の減額(不倫をした側)

不倫相手が離婚しなかったケース

不倫相手の妻が職場に押しかけて退職を強要したが、慰謝料を150万円減額して退職阻止も達成

依頼者請求額和解金
40代女性
(名古屋市)
200万円50万円
解決期間離婚の有無
2日間離婚なし

相談内容

依頼者は職場の飲み会をきっかけに同僚と不倫関係に。
ところが、男性の妻に不倫がバレてしまい200万円の慰謝料の請求と退職を求められていました。

当初,依頼者は相手の妻と自分で交渉をしていましたが,相手の妻が職場まで来て,上司の依頼者の退職を求める事態にまで発展してしまいました。

今回は慰謝料を減額するだけではなく、不倫相手の妻による退職要求を阻止することが依頼者の希望です。

減額交渉の経緯

依頼者本人の直接交渉でトラブルがこじれた状態だったので、内容証明で敵対的に行くのを避けて電話でソフトに接触しました。

まずは相手の行為が「名誉毀損」や「強要」という刑法上の罪に当たり得ることを説明して、弁護士から警告を与えました。
そのうえで、依頼者が反省していることや、今後不倫相手と接触を持たない努力をすることを説明して理解を求めました。

その後、慰謝料の額について話し合い、50万円の支払いで示談が成立しました。

結果と依頼者の声

慰謝料を200万円から50万円に減額し、職場に訪れたり退職を求めたりしないことの誓約させることに成功しました。

不倫発覚後の依頼者の行動で泥沼のトラブルに発展してしまうことが多いです。しかし、弁護士という第三者の立場の人間が介入することで、早期に穏便なかたちで解決することができました。

弁護士に任せると,法律を盾に強気に交渉してしまいがちですが,時にはソフトな対応を心がけることが最短の解決ルートになることがあります。

依頼者からは,「先生のお力を感じました」とすごく嬉しい言葉をいただきました。
交渉では,硬軟織り交ぜるだけではなく,当事者の関係や状況に応じて最適な解決方法を提案することが重要です。


既婚者だとは知らなかったと主張して慰謝料を9割カットして示談成立

依頼者請求額和解金
20代女性
(岡崎市)
300万円30万円
解決期間離婚の有無
約1ヶ月離婚なし

相談の内容

依頼者は20代の女性。

職場の上司(30代)の男性と一度だけ肉体関係を持ってしまいました。いわゆるワンナイトラブです。

依頼者は当時男性が既婚者であることを知りませんでしたが、後に男性が結婚指輪をつけているのを目にして、男性とはそれから関係を持ちませんでした。

ところが、約半年後に男性の妻からLINEで連絡が入りました。妻の怒りはすさまじく、強い口調で責められたために、既婚者であることを知っていたと認めてしまいました。

その後、弁護士から300万円の慰謝料を請求する内容証明が届いたために、減額ができないかと相談に来ました。

交渉の経緯

依頼者から話を聞いたところ、既婚者と知らなかった以上、慰謝料の支払い義務はないという方向で解決を目指すことに。

さっそく、相手方弁護士に慰謝料を支払う必要がないことを、法的な主張として組み立てて通知しました。

相手は当初認めずに怒りをあらわにしましたが、こちらは裁判も辞せずという強い態度で臨んだところ、30万円の解決金を支払うことで和解しました。

結果と依頼者の声

このケースでは270万円の減額に成功しました。

慰謝料の支払い義務はないということを押し通す選択肢もありましたが、相手の妻本人が職場に連絡を取ってくるリスクや、今後もいやがらせはされるリスクをとるよりも、少額の解決金を支払って円満に解決することを依頼者は選びました。

このように、やみくもに金額を少なくすることだけではなく、相手の立場も考慮することも時には必要です。

もっとも今回の事例では、仮に裁判となった場合、既婚者であると知らなかったという主張が裁判所に認められない可能性も十分にあったから、裁判を避けて譲歩するのも賢い選択肢でした。

依頼者からは、裁判を避けながらも安い金額で和解することができて、結果には大満足していますという声をいただきました。


慰謝料400万円を支払う誓約書にサインしてしまったが100万円の支払いで再和解

依頼者請求額和解金
40代男性
(岐阜県)
400万円100万円
解決期間離婚の有無
2週間離婚なし

相談の内容

依頼者は40代の男性。

依頼者が経営する会社の従業員と不倫関係になったところ、夫に不倫がバレてしまいました。

夫は、①社長としての立場を利用したこと、②無理やり肉体関係を結んだこと、③すぐに退職を認めなかったことに激怒し、会社まで乗り込んで来ました。

また、会社の取引先に対しても社長の不倫を抗議すると脅されてもいました。

依頼者は社長としての立場もあるため、400万円の慰謝料の支払いを約束する内容の誓約書を書いてしまった事案です。

交渉の流れ

誓約書を書いてしまえば、原則として約束は有効なので、非常に厳しい状況での交渉になりました。

まずは夫本人と電話して、お互いの立場の理解と謝罪に努めました。

そのうえで、誓約書は脅迫により無効であることや、無理やり肉体関係に及んだのではないこと、400万円の慰謝料は高すぎることを説明しました。

相手は弁護士を代理人にするつもりはないと言っていました。そこで、仮に裁判となった場合には弁護士費用の負担などが発生することを交渉材料にして、より低い金額での示談の成立を目指しました。

その結果、100万円の支払いで和解することができました。

結果と依頼者の声

離婚しない場合で100万円の支払いは少し高めでしたが、社長としての立場があることや、悪質な不貞行為と裁判所に評価される可能性もあったので、この金額での示談を選びました。

依頼者の第一希望は、会社に影響を与えないように穏便に解決することでした。

その目標を達成するとともに、慰謝料も300万円減額することに成功しました。

不倫相手が仕事関係の人間の場合、仕事への影響を心配する方が多いです。
私の場合はそのあたりもケアしつつ交渉を進めていきます。


ダブル不倫の複雑なトラブルを完全に解決。175万円の慰謝料を75万円に減額

依頼者請求額和解金
20代女性
(岐阜市)
175万円75万円
解決期間離婚の有無
約1週間離婚なし
さらに不倫相手からの求償権の行使も阻止

相談の内容

依頼者は岐阜市在住の20代女性。

とうとの無料電話相談を通して、「不倫相手の妻から慰謝料を請求されているが減額することはできないか」と相談がありました。

詳しい事情を伺うと、依頼者自身も結婚しており、いわゆるダブル不倫の事例でした。

既に不倫相手は依頼者の夫に慰謝料として150万円を支払っていました。
そのため、不倫相手が求償権を行使してその半分を請求される危険性もあることがわかりました。

お互いに求償権を放棄することで、終局的な解決をすることを目標に交渉することに決めました。

減額交渉の流れ

依頼者は金銭的な余裕がなかったこともあり、10万円の解決金を支払うことを提案しましたが、相手方は納得しませんでした。

この時点では裁判となる可能性がとても高い状態にありました。

しかし、依頼者の親の援助を受けられることになったので、75万円の慰謝料の支払いで再提案することに。

相手方の弁護士と直接交渉をして、75万円の慰謝料の支払いと、お互いに求償権を放棄することで和解が成立することになりました。

ダブル不倫でお互いに求償権を放棄する必要がある場合など、細かい交渉が必要な場合には電話でやりとりすることで事態が打開することがあります。

今回は典型的な電話での成功例でした。

結果と依頼者の声

慰謝料25万円の減額の達成と、お互いに求償権を放棄することで、合計175万円の支払いを免れることができました。

依頼者の方からは、弁護士の携帯電話を教えてもらえたため気軽に相談や進捗の確認ができたことと、スピード解決ができたことを評価していただきました。

この事例では、相手方の弁護士が示談交渉に協力的だったこともスピード解決ができた要因の1つです。
もともと請求額が少なかったのですが、そこからさらに慰謝料を減額できたので、とても良い解決ができた事件でした。


不倫が原因で離婚したケース

両親に慰謝料を肩代わりさせると脅迫されたが50万円という低額の慰謝料で示談成立

依頼者請求額和解金
40代女性
(岐阜県)
300万円50万円
解決期間離婚の有無
3日離婚あり

相談の内容

職場の店長と不倫関係になったところ、妻から慰謝料を請求されました。

さらに「子の不始末は親の責任。証拠をすべて親に送って慰謝料を肩代わりさせる」と脅迫を受けていました。

依頼者は親に知られてしまうをとにかく避けたいという希望だったので、親への連絡を阻止するかたちで示談を成立させることを第一目標としました。

交渉の流れ

依頼を受けてすぐに、相手の妻本人への電話連絡を行いました。

まずは、親への連絡は違法な行為となり得ることを丁寧に説明して、今後は弁護士と交渉してもらうことを約束させました。

そのうえで、交際期間が短いことや、旦那が店長としての立場を利用していることを主張して、慰謝料の減額を求めました。

こちらは裁判も辞さずという姿勢で通したところ、相手も弁護士費用を負担するよりはということで50万円という低額の支払いで示談が成立しました。

結果と相談者の声

親への連絡を阻止することが一番の目標でしたが、それだけでなく低額の慰謝料での示談も達成しました。

たいていの場合は、相手に弁護士がついた方がスムーズに話が進んでこちらにも有利になりますが、お互いの立場を理解し合うことができれば、相手本人との交渉でも短時間で解決することができます。

親や職場に不倫関係をバラすと脅されるケースは珍しくありません。
このような場合には自分で解決することは不可能なので、なるべく早く弁護士が介入することが大事です。


ダブル不倫で妻にバレたくない。家族には内緒にしながら示談を達成

依頼者請求額和解金
30代男性
(愛知県)
300万円155万円
解決期間離婚の有無
2ヶ月離婚あり

相談の内容

依頼者と不倫相手はともに既婚者であるダブル不倫の事例です。

不倫相手の夫に不倫がバレてしまい、不倫相手を通して「離婚することになったため、弁護士から慰謝料の請求がいく」と伝えられたため、この段階で相談にきました。

依頼者は妻と離婚するつもりは全くなかったため、妻にバレないように解決することを第一目標に依頼を受けることに。

相談から数日後に、自宅に内容証明が届きましたが、あらかじめ準備をお願いしていたため、依頼者が自分で回収することに成功しました。

交渉の流れ

内容証明では慰謝料300万円の支払いを求められました。

このケースでは、依頼者は単なる遊びである一方で、不倫相手は依頼者に本気で、積極的に誘ってきたという事情がありました。

また、何度も不倫関係を止めたいと言ったものの、不倫相手が泣いてすがるために不倫関係をずるずる続けることになってしまったことを主張して、慰謝料の減額を求めました。

結果として、155万円を支払うことで示談が成立しました。

結果と相談者の声

このケースでは145万円の減額を達成しました。

依頼者はとにかく妻にバレてしまって離婚になることを恐れていたので、バレずに解決することを達成できたことを喜んでいただけました。

家族に不倫をバレたくないという依頼者の場合、弁護士との連絡の取り方にも気をつかって、細心の注意を払って交渉をすすめます。
多くの場合は、家族に内緒で不倫問題を解決することが可能です。


夫が以前から浮気を繰り返していたことを主張して約5割の慰謝料を分割で支払うことで示談

依頼者請求額和解金
20代女性
(愛知県)
300万円150万円
解決期間離婚の有無
約3ヶ月離婚あり

相談の内容

不倫相手が離婚して依頼者と再婚することになった事例です。

不倫相手の妻の弁護士から、慰謝料300万円の支払いを求める内容証明が届いたため、慰謝料の減額ができないかとご相談いただきました。

交渉の経緯

不倫相手の再婚する場合、2つの点から慰謝料は高額になりやすいです。

1点目は、謝罪して不倫関係を終わらせた場合と比べて悪質だといえるので、裁判でも慰謝料を増やす方向の事実となること。

2点目は、元配偶者と不倫相手は幸せになるのに、不倫された自分だけが独りで不幸になってしまう、という感情的な理由から納得が得られにくいということです。

それを踏まえて、不倫相手が妻に慰謝料の支払いを約束していることや、不倫の期間が約4か月と短いことを主張して減額を求めました。

また依頼者はフリーターでお金がないことから、分割で支払いたいという主張もしました。

結果として、150万円(月3万円の50回払い)という内容で示談が成立しました。

結果と依頼者の声

このケースでは150万円の減額を達成しました。

相手方本人はうつ病になってしまうほど精神的なショックが強く、大変交渉は難航しましたが、なんとか裁判にすることなく解決することができました。

依頼者の希望は、裁判にすることなく分割で示談することだったので、満足していただくことができました。

再婚したいと考えている場合、そのことは秘密にしておいた方が良いケースもあります。
弁護士に依頼する場合には、今後不倫相手との関係をどうしたいのかも正直に話してください。

公開できない解決事例もたくさんあります

弁護士が過去に解決した事例を一部紹介させていただきました。
ご自分の状況と似たケースはあったでしょうか?

法律相談ではサイトに書けない解決事例なども紹介しながら、慰謝料減額の見込みや解決方法のアドバイスをさせていただきます。